パソコンで日本語をローマ字入力してるときに、小さいつ「っ」を入れようとして困るときがあるんですよね。

まぁ小さいつ「っ」だけの打ち方しらなくても、どこかほかの文章が書いてある場所から小さいつ「っ」を探してコピペして持ってくるとか、小さいつ「っ」が入るような打ち方を知ってる単語を入れて「っ」以外の文字を全部消しちゃうとか、方法はあると思いますが。

いずれにしても、単体で小さいつ「っ」だけをローマ字日本語入力のキーボードから入力する方法を知っておいたほうが絶対便利です。

ということで今回は、Windows10パソコンで小さいつ「っ」を入力するためのキーボードの打ち方です。

小さな文字を入力するときは、最初に【x(エックス)】か【l(エル)】のキーを打ってから

ウィンドウズ10パソコンでローマ字日本語入力のキーボードから小さな文字を入力するときは、最初にX(エックス)かL(エル)のキーを押してから目的の文字を打ち込みます。

この方法は知ってると意外と便利で、【あいうえお】の小さい文字【ぁぃぅぇぉ】も、AIUEOのキーを打つ前に最初にXかLを押しておくだけで簡単に小文字のぁぃぅぇぉを入力することができます。

小さいつ「っ」の打ち方は【xtu(エックス ティー ユー)】か【ltu(エル ティー ユー)】

ということで、今回の目的である、小さいつ「っ」を入力するためには、最初にX(エックス)かL(エル)のキーを打ってから普段通りの【つ】を入力すればOKです。

最初のXかLのキーは右手か左手の押しやすい方、【つ】の打ち方は tu でも tsu でもどちらでも大丈夫です。

最初にX(エックス)かL(エル)のキーを打つ という小文字の打ち方はとても便利なのでぜひ思い出さなくても自然と手が動いちゃうくらいまで慣れちゃってください。

基本的には次の子音の2回打ちの方がスピーディです

小さいつ「っ」単体で打てるのももちろん便利ですし、必要なんですが、基本的には子音の2回打ちで小さいつ「っ」を出せるときは、そっちの方が効率よくスピーディに文字入力できます。

例えば タップ とか、【ta xtsu pu】とローマ字を打つか【tappu】とローマ字を打つか、キーボードを押す回数とか指の動きとかが明らかに Xを使わない方がラクですもんね。