ウィンドウズ10のパソコンで、ソフトのトラブルやアカウントファイルのエラーなどの確認にちょっとだけ別のユーザーアカウントでログインしたいときがあるんですよね。

ログインのアカウントの設定なんか、ウィンドウズ10をこのパソコンに入れたとき以来さわったこともなかったので、なんかちょっと不安だし、怖いので触らないように。。。と距離を置いていたのですが。

最近、やっぱりなんだかんだとエラーやパソコンの問題が起きたときに別アカウントでの確認作業などが必要になることが多く、ようやく重い腰をあげてテスト用の別アカウントを作ることになったのですが、あまりにも簡単だったので、もうこれからビビらないように、ウィンドウズ10のアカウントの追加方法を備忘録しておきます。

追加も削除もとても簡単なので、1回試しにテストユーザーアカウントを作っておいて、覚えておくと便利ですね^^

ウィンドウズの【設定】を開く

画面左下にあるウィンドウズマークをクリック、すぐ上にあるギアみたいなアイコンマークをクリックして、ウィンドウズの【設定】を開きます。

設定の項目から【アカウント】を開く

開いたウィンドウズの【設定】の項目の中から、【アカウント】という項目を探しだしてクリックして開きます。

アカウント左メニューから【家族とその他のユーザー】を開く

開いた【アカウント】のウィンドウの左にあるメニューの中から、下の方にある【家族とその他のユーザー】をクリックしてページを開きます。

【その他のユーザーをこのPCに追加】をクリック

開いた【家族とその他のユーザー】のページにある、【その他のユーザーをこのPCに追加】というとある+マークをクリックするとアカウントの追加ができます。

ただ、【その他のユーザーをこのPCに追加】とある+マークをクリックすると、メールアドレスでのマイクロソフトサインインが求められるんですよね、これがアカウント追加を一気にめんどくさくさせる原因になっちゃいます。

なので、今回は登録もパスワードもなしで簡単にログインできるアカウントの追加方法でやります。

【このユーザーのサインイン情報がありません】をクリック

このユーザーはどのようにサインインしますか?というメールアドレスか電話番号を要求する画面が出てくるので、そのウィンドウの下の方にある【このユーザーのサインイン情報がありません】という文字のリンクをクリックして、サインインなしのユーザーアカウント作成をすすめていきます。

【Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する】をクリック

アカウントの作成 というウィンドウになって、メールアドレスや電話番号でのアカウントの作成をすすめてくるのですが、これはマイクロソフトのアカウントを作成するもので、このパソコンのユーザーアカウント作成とはまた別モノです。
ウィンドウの下の方にある【Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する】の文字リンクをクリックして、マイクロソフトのアカウントは作らずに進めます。

希望のユーザー名(アカウント名)を入力して【次へ】をクリック

ようやく、【このPCのユーザーを作成します】のウィンドウになります。
ユーザー名は必須なので、自分で区別がつくような好きな名前を入力します。(テスト用ならtest、テストなど)
※パスワードなしでログインできるようにしたいときは、ここでパスワードを入力せずに【次へ】をクリックします。

他のユーザー に作成したアカウントが追加されます

ユーザー名を入力して【次へ】を押すとすぐにアカウントが追加されていると思います。
必要なくなったときは、他のユーザーに追加されているアカウントをクリックして選択状態にすると、【削除】ボタンが表示されるので、それをクリックするだけでOKです。