無料で多機能な優秀メールアプリのサンダーバードthunderbird、この度パソコンを新しく買い替えたのですが、やはり新しいwindows10パソコンでもメールはthunderbirdにしたいということで旧パソコンから新パソコンへのメールデータのお引越しをすることにしました。

いままでも何度かメールソフトのパソコン間の移行はやっていたのですが、あまりいい思い出がありません^^;

移行の失敗や、バックアップの抜け、データの不備などなど、パッと思い出すだけでもかなりの失敗の数々。。。

ただ、今回はかなり簡単に、しかもメールデータや設定はもちろん、アドレス帳から拡張機能までほぼ完全に別PCに移行できたので記事に残しておくことにしました。
んーやっぱりthunderbirdがお気に入り^^

広告

現在のThunderbirdの全データをコピー複製する

まずは移行するThunderbirdのデータを現在のパソコンから見つけ出して、複製コピーして、移行用にUSBファイルなどに入れておきます。
Thunderbirdのデータの場所はThunderbirdのヘルプから探すことができます。

1,メニューから【ヘルプ】を開く

2,ヘルプから【トラブルシューティング情報】を開く

3,【プロファイルフォルダー】という項目の【フォルダーを開く】をクリックする

4,開いたフォルダーから3階層分、上位に戻る
(Profiles > Thunderbird > Roaming の順にフォルダをさかのぼっていきます。)

5,Roamingフォルダを開いたら、その中にある【Thunderbird】というフォルダをコピーします。

6,USBメモリなどに【Thunderbird】フォルダを貼り付けて複製したら移行用データの準備OKです。

移行先のパソコンにThunderbirdをインストールする

データを移行したいパソコンにThunderbirdをインストールしておきます。
Thunderbirdのダウンロードページ https://www.thunderbird.net/ja/

移行先のパソコンにThunderbirdのデータを移行する

1,Thunderbirdの移行用データを準備したときと同じ手順で、移行先のパソコンの【Thunderbird】というフォルダが見えるRoamingフォルダを開きます。

2,移行用にUSBメモリなどに複製コピーして準備しておいた【Thunderbird】フォルダを移行先のパソコンの【Thunderbird】フォルダにまるごと上書きします。

以上で移行完了でした。
これでメールデータ・アカウント設定はもちろん、アドレス帳も拡張機能もばっちりお引越し。

Thunderbirdを立ち上げると、もういきなり旧パソコンのメール環境と変わらない状態でスタート。

ややこしいのはフォルダの場所だけで、作業自体はめちゃくちゃ簡単♪
メール引っ越し前の憂鬱な気分がうそみたいで、感動しました^^

Thunderbird使っててよかったです。

参考元ページ:Thunderbird のデータを新しいコンピューターに移動する