> Gメール拒否LINEなしのiphoneとの写真データの受信送信できるアプリ

Gメール拒否LINEなしのiphoneとの写真データの受信送信できるアプリ



PCメールブロック、ラインも入れたくないというiphoneさんとの写真データのやりとりが必要になり見つけたアプリが予想以上に便利だったのでご紹介。
自分のスマホはアンドロイドなんですが、手持ちのノートパソコンとのデータのやり取りにもけっこう使えて良かったです。
※気軽に容量の大きなサイズのファイルを転送できてしまうので、通信容量を気にしなくていいwi-fi環境があったほうがダイレクト転送などの機能も使えてより便利になります。

パスワード的な英数字を相手に伝えてファイルの受け渡しができるアプリ
Send Anywhere

このアプリの何が便利って、スマホアプリ・パソコンソフト・インターネットブラウザ上などさまざまな機器からの送信受信ができるところ。
ポイントはちょっと面倒くさそうに思える英数字のパスワード的なものを相手に伝えなくてはいけない点。
一見まわりくどいようですが、この方法だからこそ、どの機器からでもデータの受け渡しが可能になるんです。

キャリアメールしか受けない、ラインも入れない、iphoneさんとのデータの受け渡しに

基本的にスマホやタブレットをばっちり使いこなしている人とのデータのやり取りは、グーグルドライブやドロップボックスなんかのクラウドストレージやライン・スカイプなどの通信アプリで簡単に済んでしまうのですが、電話程度にしか使っていない人とのデータのやり取りは意外と大変なんですよね。
まずはメール添付、これで済めば助かるんですが、だいたいこういうときは初期設定のままでキャリアメール以外はブロック設定。
で、その状態の人にクラウドストレージのアプリを入れろっていうのもちょっと気が引けるんです。
中のファイルの維持管理なんかもしないでしょうし、後々困りごとの原因を作ってしまいそうなので^^;

ネット上のファイル転送サービス

そこで一番シンプルに相手さんの負担も少なくて済むと考えたのがネット上のファイル転送サービス。
ブラウザ開いてgigafile便で送ってくださーいってお願いしたんですが、また問題。
肝心の転送機能の部分が表示されてないらしいんです、はーほんとまいりました。

で、たどりついたのがSend Anywhereです。
これならiphoneアプリもパソコンソフトもブラウザ機能もすべて揃っているのでだいたいどれかの機器で送信・受信が可能になります。
すごくアナログになりますが、データを受信するためのパスワード的な英数字を電話かSMSメッセージで聞いてしまえば、あとは自分が持ってるどれかの機器で対応できます。

ふーっ、写真数枚送ってもらうのにも一苦労でした

Send Anywhere

ホームページ(ページ内で受信送信可能):https://send-anywhere.com/ja/
アプリやソフトなどの便利ツールページ:https://send-anywhere.com/ja/file-transfer


カテゴリー