なにかカンタンに在宅の空いたおうち時間でお金を稼ぐことはできないのかな。。。そう考えているなら、ブログをやってお金を稼ぐという方法もひとつの選択肢としておすすめです。

お金を稼ぐブログなんて、専門知識がないととても難易度的に無理では^^;なんて思ってませんか?

今はさまざまなサポートになるサービスやシステムがたくさん揃っているので、やってみると案外カンタンに、しかも費用もそんなにかからずに、お金を稼ぐためのブログは作成できちゃいます。

可能性のひとつと考えて、ぜひ一度、気軽にチャレンジしてみましょう。

広告

1,ブログなら作業時間は自由気まま

ブログの作業時間は制限なし、おうち時間・在宅のスキマ時間でOK♪

ブログでお金を稼ぐようになることの一番のメリットは、記事を書くという作業時間のスケジュールが自分次第でいくらでも自由に変えられるということ。

在宅の家事の合間のスキマ時間にちょこちょこ進めてもいいし、別の仕事をやった後に夜のリラックスタイムにのんびりやってもいい、とにかく自由に自分の意思のままに決められます。

スタートのハードル低めのお手軽在宅ワーク

ブログをやるためになにかを犠牲にすることもなく、少しの作業時間でもブログを維持していくことはできるので、始めるためのハードルも非常に低めでお手軽です。

ほんとうに自分の性格志向に向いている【在宅でお金を稼ぐ方法】かどうか、ぜひ一度トライしてみて試しておいてほしいです。

まったく触れずに可能性を知らないのはもったいないです。

2,お金もそんなにかからない

費用がそんなにかからないのもブログでお金を稼ぐメリット

在宅のスキマ時間にお金を稼ぐ方法としてブログをおすすめする理由は、時間が自由にコントロールできることともうひとつ、初期投資・維持費用のお金があまりかからないということがあります。

今からお金を稼ぐんだというときに、初期投資で大きくお金が必要になりマイナススタートになる状態だと、始める前からそのマイナス分を取り戻すためにハードルが上がっちゃって、そうそう気軽にチャレンジはできないです。

そういう意味でいうと、ブログでお金を稼ぐときには、必要になる費用が非常に少なめですむのでお手軽です。

お金を稼ぐブログにかかる費用はサーバーの維持費用くらい

ただし、無料でできるブログサービスも世の中にはたくさんあるのに、あえて完全に無料でできると言わないのは、お金を稼ぐブログにはレンタルサーバーを利用した独自ドメインでの運用をおすすめしているからです。

それでもかかる費用は、月々のサーバー維持費500~1000円くらいと、独自ドメインの取得費用1000~2000円くらいです。

3,無料登録できるアフィリエイト広告の利用

アフィリエイト広告を利用してブログを収益化

単純にブログ記事を書いて、ブログ運営を続けていても基本的にはお金は入ってきません。

お金を稼ぐブログにするためには、ブログをなんらかの形で収益化させる仕組みが必要になります。

そこで、作ったブログをお金を稼ぐブログへと変える・収益化するための仕組みとして利用するのがアフィリエイト広告になります。

ブログに広告を表示して、その広告経由の売り上げに対して報酬がもらえるという収益化の仕組みになります。

無料で登録・利用できるアフィリエイト広告

アフィリエイト広告の利用には、各アフィリエイト広告会社にブログを申請・登録して、使いたい広告と提携すると発行される自分のブログ専用の広告コードを使います。

アフィリエイト広告会社への申請・登録や広告の利用は無料でできるので、使ってみたい・可能性を感じるアフィリエイト広告には気軽にどんどんトライしてみましょう。

4,初期おすすめは「クリック報酬型」と「有名サイト商品紹介」

アフィリエイトブログ初心者には「クリック報酬」「有名サイト」が安心

アフィリエイト広告に慣れてくるまでの初期におすすめな広告の種類は、クリックだけで報酬が発生する「クリック報酬型広告」と、アマゾンや楽天などのすでに利用者がたくさんいるような有名巨大ショッピングサイトの「商品紹介料」です。

アフィリエイト広告を上手に使えるようになるまでは、なかなか売り上げが出ない時期が続くので、1クリックだけでもわずかでも収益が出る「クリック報酬型広告」はモチベーションを保つのに役立ってくれます

そして、日常的な利用者の非常に多いアマゾンや楽天の商品紹介も、売り上げが出る確率は他のショップに比べるとかなり高めになります。商品をどうアピールするかの練習にはもってこいです。

まとめ:とにかくやってみよう!

在宅でお金を稼ぐ方法として、ブログはかなりハードルが低く始められる気軽な方法になります。

時間も自由、難しいこともそんなにないし、お金もそんなにかからないので、とにかくまず一度トライしてみて自分の可能性をさぐってみましょう!

関連記事