> フォトショップでweb用に保存する時に31文字でファイル名が切り捨てられる問題を解決

フォトショップでweb用に保存する時に31文字でファイル名が切り捨てられる問題を解決


31文字で

フォトショップで起こる小さな問題を解決できたシリーズです。
ウェブサイト用の素材を作成するときにスライスなどでweb用に保存の名前が長くなった時に勝手に31文字でファイル名が切り捨てられる問題です。

なんで勝手に切り捨てちゃうの!長いファイル名を保存したい時もあるのですよ

詳しいことは分かりません、マックの事情も知りません。
でもウェブ用の素材ファイルをフォトショップで作成するときにスライス名なども重なってファイル名がどうしても長くなっちゃうときがあるんです。
で、ざーっと流れ作業でスライス名付きのウェブ用保存をしたいときに起こってた小さな問題、web用に保存するときに31文字でファイル名切り捨てちゃいますよ問題。
いやー!なんか理由があるのは分かるんですけど無理にでも31文字以上のファイル名で保存したいんですアドビさん!と小さなイライラを貯めてたんですが、このたび簡単に解決してしまいました。

出力設定

答えは簡単でした、web用に保存する>出力設定の編集>ファイル名の互換性のMac OSのチェックを外すだけ。

知ってしまえばめちゃめちゃシンプル。
この設定に気付かずに何年過ごしてたんだろうか、、悔しい。


カテゴリー