> 「食」を支える包丁へのこだわり、庖丁コーディネータ廣瀬康二「食道具 竹上」

「食」を支える包丁へのこだわり、庖丁コーディネータ廣瀬康二「食道具 竹上」


食道具竹上

テレビでお見かけして包丁へのその熱い姿勢に心打たれました。
こんな方が南丹市にいたなんて、次の包丁をどこで買うか迷ってしまいます。

包丁コーディネーターが目的・要望に合わせて調整から仕上げ砥ぎまで

素敵ですねぇ、こういうこだわり全開のプロの仕事って感じはオトコ心をくすぐります。
テレビでインタビューに応えておられた庖丁コーディネータ廣瀬康二さんのキャラクターも真摯で熱い、職人を感じさせる方でした。
ここまでこだわるのにプロアマ問わずに受け付けてられるのも嬉しいです。
今はまだ料理をそんなするかどうかも分からない時期に買った有次さんの三徳包丁を数年使っているんですが、ナイフ代わりにも使えるようにと小さめのものにしてるんで、そろそろしっかりした包丁が欲しいと考えていたとこでこの出会い。
知名度やブランドとしては有次さんがいいかと思ってたんですが、欲しくなりましたよ竹上の包丁が。
タイミング的にもこちらを買えってことなのか。
ん~迷います。

食道具 竹上
http://kyototakegami.com/


カテゴリー